グランツエッセ健在

3年ぶり有観客開催

ショウタロウ総合優勝!タクヤ優勝!

第42回KRSヘアーコンテストレポート!2022

若手理容スタイリストの登竜門

ショウタロウ基本ミディアム 総合優勝!

クラシカル部門 3位

タクヤ フリースタイル部門 優勝 

ホノカ 健闘したが入賞ならず

 

3年ぶりの有観客開催!やっとこの日が来ました!

コロナのためにひっそりとしていたヘアーコンテスト

無観客開催やZOOM観戦などの処置は取られたものの

やっぱりこうやって観客に見られてするコンテストはいいモノがあります!

グランツエッセからはタクヤがフリースタイル部門

ホノカがフリースタイル部門基本カットミディアム部門の2つ

ショウタロウは基本カットミディアム部門クラシカル部門の2つエントリーでした

昨今理容学校生も活気がありとても選手が多く

久々の大会は選手総勢40名越えの賑わいとなった!

その大会の全貌をレポートします!

 

なお動画のほうは近々マスターシローチャンネルにUPします!

グランツエッセ不動の強さの歴史

 

過去のグランツエッセスタッフもKRSではたくさんの優勝を収めています

2010年北條純子(ミディアム) 2011年齋藤智也(ミディアム) 2014年池田好孝(ブロース)

2016年村瀬史也(ミディアム)(クラシカル) 2017年河合勇喜(ミディアム) 

2018年藤尾彩佳(ミディアム)2019年宮下拓也(ミディアム)(クラシカル)

 2021宮下拓也(ミディアム)岡田穂乃香(クラシカル)

そして今年 2022木戸翔太朗(ミディアム) 宮下拓也(フリースタイル)

 

もちろん2010年以前も優勝入賞多数

過去の大会レポートはこちら

 

 

令和4年 11月28日(月)

会場 パセオダイゴロー2Fホール

3年ぶりにここに帰ってきました

選手受付

たくさんの若者で賑わっています

 

 

開会式

選手がいなければ大会は成立しない

しかし、その舞台を設定してくれる組合がなけれこれまた成立しない

選手と組合が対等に力をあわせ共に業界の未来を作っていく

今回アヤカは司会やタイム係を担当 大変な役だ

 

 

競技が始まる

 

第1ステージはフリースタイル部門

時間は20分 セット競技である

グランツエッセからはタクヤと

ホノカの2人がエントリー

この部門は自分で用意したテーマに基づいてイメージしたスタイルを作ります

デザイン性やカラー感覚、そしてもちろん基本的なブロー技術

そしてやはりひとつの作品を完成度高く作りこむ力が見られます

 

 

競技開始

セット競技なのでこれまでに、どれだけやりやすいウイッグに

仕上げてきているかが重要となる

みんなカラーには力を入れているが練習すればカラーは落ちてくるので

どのタイミングでカラーを入れなおすか?なども重要

また練習すればするほど髪も痛むので練習用と本番用の複数のウイッグは必須となる

ウイッグも安くはない、1体8000円はする

その上カラー剤や整髪量も用意しなくてはいけない

しかも練習は仕事が終わってから・・・

選手の負担は大変なものです

それでもコンテストに挑戦するのは

やっぱりこの仕事をするからにはライバルに打ち勝って

上手くなりたいからです!

上手くなって将来立派な自分のお店を作るためです

職人仕事で「上手くなりたい!」という気持ちは皆持ってるはず!

・・・

え?持ってない?

別に仕事は適当でいい??

給料さえたくさんもらえるなら誰でも出来る単純な仕事だけでいい?

自分でお店するのは面倒だから

雇われでのんびり気楽に仕事していけたらいい?

考えや夢は人それぞれ・・

否定はしませんが技術を極める先の景色はきっとすばらしいですよ

そして何より達成感とやりがいがある

そしてその姿は人をも動かします

コンテストでいい成績を取ったら自分がうれしいだけでなく

親兄弟や友達先輩先生・・

みんなを笑顔に出来ますよ

そして何より自分の生き方に誇りが持てて

きっと明るいすばらしい未来が待っています!

 

 

目先に惑わされるな

流されるな

今の努力の積み重ねは

そのまま未来の幸せの積み重ね

 

 

 

競技終了

 

 

第2ステージ

第2ステージはクラシカル部門の1回め

今年は選手が多くクラシカル部門は2つに分かれて競技します

クラシカルに関してはいままでの大会レポートででも

詳しくポイントやコツなど解説していますのであわせてご覧ください

たくさんありますのであえてどれとは言えませんが

探してみてください!きっとためになります。

コンテストレポート

YouTube「マスターシローチャンネル」の技術動画も内容はどこにも負けません

時間は20分 セット競技

クラシカル部門はいうまでもなくセット競技の最高峰

昔から全世界で共通のこのクラシカルは不動の部門である

「たまたま出来た・・」なんてことは絶対にない

仕事の上手さのバロメーター的な種目

だからこそ、この部門で勝ちたいという選手は多い

上手さの勲章のような部門である

この部門が上手いと人から一目置かれる

競技というのは積み重ねた年季だけでは上手くならない

要するにベテランが絶対勝てるという部門ではない

学校生でもこれに特化して練習している子は上手い

よく「こんな頭今の時代する人はいない」・・とか愚かな勘違いをしている人がいる

クラシカルは「技術の宝箱」のような種目である

基本のブローに関する熱と髪の関係や、根元中間毛先の理論など

この部門を学ぶことはそんな根本の基本的な習得につながる

きれいにクシ目を通し左右対称にし、几帳面な仕事をすることが

当たり前のように出来るようになる

お店に来るどんなお客様も、雑で適当なスタッフに頭を触って欲しいはずがない

 

競技終了

 

 

この後2回目のクラシカル部門が行われた

非常にうれしい事に最近は理容学校でも女性理容師(理女子)が増えてきている!

私は昔から理容業こそ女性の職場に最適だ!と言っている

女性の丁寧さ優しさ器用さが実って近年でもコンテスト上位は

女性が占めることもしばしば・・・

 

★ここでグランツエッセニュース★

グランツエッセにも2023年春より岡山の理容学校から理女子が来ます

なんと先日あった学生理容師の全国大会で準優勝した腕の持ち主!

マナカといいます!よろしく!

ちなみに優勝も理女子

(しかし同点やったらしいです)

来年の京都大会楽しみです!

男性諸君 ウカウカしてられないぞ!

 

 

次の部門はBarBer collection部門です

この部門は4名のエントリー

お客様に提案したい次のトレンドスタイルです

デザイン性と何か光るポイントが欲しいですね

当たり前すぎず、でも「あ!やってみたいな」と思ってもらえるか?など

個性と技術力がモノをいいますね

 

 

 

 

 

競技はドンドン進んでいきます

 

今回一番人気の基本カットミディアム部門

ショウタロウとホノカ2つ目のエントリー種目です

この種目も言わずもがな

基本中の基本部門です

クラシカルがセットの基本部門だとしたら

このミディアムはカットの基本中の基本部門です

また理容師でこのスタイルを勉強したことがない人はいません

理容学校でもまず初めに練習するスタイルです

これまた名前のとおりカットの基本の詰め合わせパックのような種目です

この部門に関してのコツやポイントもこれまでの大会レポートに

イヤと言うほどありますのですべて見ればかなり上手くなれます

確立されたスタイルで時代に左右されないものなので内容は古くなりません

人間の頭に毛がある限りこのスタイルのカット理論は通用します

ショウタロウもホノカもいいのが出来ました!

 

この部門は今回1番人気で20数名のエントリーがあります

(クラシカル)で3回に分かれて競技が行われました

 

 

 

ここでちょっと一休み

会場外の広場ではKRSフォトコンテストが展示されています

実はマスターシローも出品しています

これです!(b^ー°)

スタッフOB伝説のジュンコ

お客様を笑顔にして満足そうな、理容師最高の瞬間を切り取りました

マスターシローの大好きな1枚です

 

 

 

 

さてその広場には審査を終えた作品が並んでいます

ホノカの作品です

色がきれいに入りましたねスタイルも迫力ありますね

テーマは「不死鳥」です

 

タクヤの作品です

完成度が高いですね、よく練習しました

テーマは「青の彼岸花」

テーマにぴったり!写真のまんまですねぇ

 

ただ一人、衣装まで完璧に着せてメイクまでしてトータルですばらしかった

五条支部の谷さんの作品

 

 

 

 

 

クラシカルの作品たちも出てきたぞ

たくさんあるから見ごたえがある!

ショウタロウは作品にミスがあり少し落ち込んでいた・・

ショウタロウの作品

よく出来たがクラウンにミスが出てしまった

がんばって膨らませ過ぎて天頂と後頭が出てしまった

そのために両角が落ちて見えてしまった

スソの締めもよかったのに残念

ツヤも悪くない

この角度から見るとクラウンから後頭が大きくなったのがよくわかる

がんばりすぎずもう少し自然に締めたら角は落ちて見えなかったし

バランスもよくなったはず・・締め方を訓練だ!

理容学校生の作品のいいのが目立った

クラシカル・・・簡単そうでほんとはすごく難しい

だからこそやりがいがある!

チャレンジしてみてね

 

 

さて、最後のステージになりました

基本カットミディアム3回目のグループとワインディング部門です

ワインディングは忍耐と几帳面さが養われます

 

 

これで全競技が終了しました

 

 

 

閉会式と表彰式の時間です!

 

フリースタイル部門

グランツエッセの宮下拓也見事優勝!

準優勝 水上選手

3位 谷選手

おめでとう!

クラシカル部門 1回目のグループ

優勝 今在家選手

準優勝 菅原選手

おめでとう!

そして、グランツエッセショウタロウは

3位でした!

少し悔しいぞ!

クラシカル部門 2回目のグループ

優勝 水野選手

おめでとう!

準優勝、3位もおめでとう!

(すんません、名前が定かでないです)

 

ワインディング部門

みなさん!おめでとう!

(すんません、名前が定かでないです)

 

そしてショウタロウ本命の

基本カットミディアム部門 第1グループ

優勝 木戸翔太朗

完璧に近い作品でした!

準優勝、3位もおめでとう!

(すんません、名前が定かでないです)

 

 

やはり基本部門はグランツエッセとして勝って欲しかったので

マスターシローもうれしかったです!

ショウタロウありがとう!

 

 

基本カットミディアム部門 第2グループ

おめでとう!

(すんません、名前が定かでないです)

基本カットミディアム部門 第3グループ

おめでとう!

(すんません、名前が定かでないです)

 

 

BarBer collection部門

優勝 小山選手

準優勝 菅原選手

おめでとう!

 

 

 

フォトコンテスト部門

おめでとうございます!

(マスターシロー負けです!)

 

 

特別賞

小山選手

おめでとう!

 

 

 

クラシカル部門 総合優勝

今在家選手

おめでとう!

 

そして最後のトリ!

基本カットミディアム部門 3つのグループの頂点は!

木戸翔太朗!

グランツエッセ

獲得しました!

理事長杯と盾、そして賞金だ!

 

やったねショウタロウ!

 

 

かくして2022年令和4年、3年ぶりとなる有観客

KRSヘアーコンテストは幕を閉じた!

グランツエッセからタクヤ、ホノカ、ショウタロウがエントリー

見事2つの優勝を獲得した!でもこれで満足してはダメだ!

本当ならショウタロウはクラシカルも勝てたし

ホノカもクロス巻き忘れという凡ミスが無ければ入賞は近かった

もっともっと上手くならなくては全国のライバルにはとても勝てないぞ!

技術は「もうこれでいいわ」とおもったらもう伸びない

若い今の時期はどんどん貪欲に上手くなることをやめないで・・

その自信と積み重ねに裏付けられるすばらしい職人となれる

そしてそれは周りの人も幸せにする

そう!たくさんのお客様を自分の技術で笑顔に出来る

理容師最高の瞬間のために!

大会動画をマスターシローチャンネルに近々UP予定

より白熱する模様を是非見に来てください!

 

 

マスターシローチャンネル

 

 

グランツエッセの大会結果

ショウタロウ

基本カットミディアム部門 総合優勝 賞金・理事長賞カップGET

クラシカル部門 3位

 

タクヤ

フリースタイル部門 優勝 賞金 トロフィーGET

 

ホノカ

フリースタイル部門 健闘したが入賞にもれる

基本カットミディアム部門 出来は良かったがクロス巻き忘れの減点がひびき入賞逃す

 

 

グランツエッセの熱いスタッフたちに会いにきてください。

ご来店心よりおまちしています。

御予約はフリーダイヤル 0120-61-8704

 

僕たちと一緒に技術を磨いてみないか?!

お問い合わせはマスターシローまで

glanzesse@i.softbank.jp

090-1245-7123

 

 

マスターシロー関連SNS

     

 

できれば応援メールや感想をください glanzesse@i.softbank.jp   まで

 

 

ほかにもいろんなコンテストレポートがありますので覗いてみてください・・・

 

 

 

 

 

まだまだあるぞコンテスト関連ページ